見極め時?片思い中のLINEで脈ナシを見分ける3パターン

脈ナシ LINE

LINEの交換をしたと言う事は、少しは好意を持っていると考えて良いの?そう期待してしまう気持ちも分かりますが、残念ながらそんなに甘くはありません。

LINEの交換は、いつでも話せる環境が一つできたと言うことにすぎず、関係性は知人や友人と何ら変わっていない状況。これが現実です。

ただ、普段は見せない相手の本音を見るチャンスは手に入れたわけです。告白する前にLINEを使って脈があるかどうか、確かめてみましょう。

こちらで紹介するのは、LINEでわかる片思いの相手の脈ナシパターンです。普段、接しているときは気付かない、相手の本音がわかります。

現状で脈ナシかどうかが分かれば、きっぱりと諦めるべきかもしくは次の一手を考えるべきかを見極められます。今のどっちつかずの関係から、一歩進むチャンスです。

片思いの脈ナシLINE① 未読・既読スルー・返信が遅い

脈ナシ LINE

片思いの相手にLINEを送っても、既読がいつまでもつかなかったり既読がついても返事がなかったり遅かったりするのは、残念ながら脈ナシです。どちらかというと男性はLINEでのメッセージ交換に億劫な人は多いですが、それでも毎回同じような薄い反応の場合は論外です。

またLINEを送るのはいつも自分の方からばかりという場合も同じです。おそらくあなたからLINEを送るのを止めれば、そのままになっていくと思います。

LINEの交換はしてくれたのに…と思うかもしれませんが、「特に興味はないけれど断るのも悪いから」という気持ちからだったのかもしれません。

片思いの脈ナシLINE② 会話を続ける気がない

脈ナシ LINE

「○○はどうだった?楽しかった?」などとLINEを入れても、短文しか返ってこなかったり、スタンプ1つで済ませたりする場合は、会話を続ける気がないと考えられます。

あなたへの気遣いも見えないし、気に入られたいという意思も見えませんので、脈ナシと言えます。相手からのLINEを待って、それに答えるという流れを作ってみましょう。

片思いの脈ナシLINE③ 質問がない・自分の事は秘密

脈ナシ LINE

あなたに対して質問するようなLINEをしてこないのは、あなたに興味を抱いていないという気持ちの表れです。LINEを入れるのは控えて、しばらく様子を見た方が良いです。

また自分の事について何も話さないのは、仲良くなりたいという気持ちが芽生えていない証拠。自分を見せて知ってもらおうとする行動は、「自分を受け入れて欲しい」「信頼を築いて関係を深めたい」という好意の表れ。それがないということは、脈ナシと考えられます。

片思いのLINEは、相手の気持ちを知る手段

脈ナシ LINE

実際に顔を合わせている時とLINEの時では、どちらが本音を言いやすいでしょう?ほとんどの人がLINEと答えるはずですね。

片思いの相手とのLINEは、恋愛のスタートラインに立ったようなワクワクするような気持ちになるかもしれませんが、相手が同じ温度とは限りません。ここは少し冷静になりましょう。

とはいえLINEでつながったということは、相手があなたに対してどんな気持ちでいるのか、本音を見ることができるチャンスです。近づきたい!という気持ちは少し置いておいて、まずは相手の本音を探ってみてください。

「片思いを叶える方法」をもっと見る

片思い.love トップ