私が女性を好きになった!その気持ちの扱い方と、両思いになるためのポイント

同性 片思い

「いつの間にか、あの人のことをすごくかわいく、大切に思うようになってる。。。」今まで男性に恋することはあったけど、女性に対して似たような気持ちを抱く自分に気づいた。
そんなはじめての経験に、戸惑ってしまう人もいるかもしれません。でも安心してください。それはごく普通の感覚です。

今回は女性が女性を好きになった時、その気持ちをどう扱えばいいのかについてまとめてみたいと思います。

相手が女性かどうか以前に、その人が魅力的だから好きになったはず

同性 片思い

LGBTという言葉が一般的になりましたが、それは身体的な特徴以上に心に関することなので、その境目は実にあいまいです。「レズビアン」や「バイセクシャル」というくくりがありますが、自分がそのどこに属するのかというのはハッキリしないこともあり、時と場合、出会う人によっても変わってくることがあります。つまり誰にでも、同性が好きという感情が芽生える可能性はあるということです。

まずは「同性が同性を好きになるのは異常なことではない」と考えることが大切です。「自分がおかしくなった」とは思わないでください。

おそらくあなたは彼女が女性だったから好きになったということではなく、人として魅力的だったから好きになったということなんだと思います。魅力的な人に恋心を抱くというのは、ごく自然な感情です。

気持ちが動いたのなら、きっとそれがあなたの本心。その気持ちを無理に押さえつけることはありません。

その上で、その彼女とどうなりたいかを考える

同性 片思い

次に考えたいのは「その彼女とどうなっていきたいのか」ということ。
これまで通り友達として仲良くいられればいいのか、抱き合ったりできるような親密な関係になりたいのか。

こういった話題はなかなか口にすることも難しく、誰にも相談できないケースも多いので苦しいとは思いますが、まずは相手の気持ちではなく、自分としてどうしていきたいのかをじっくりと考えてみましょう。

そして、「やっぱり恋人同士のようにつきあいたい」と思うのなら、次のステップにコマを進めましょう。

相手に、恋人としてあなたを受け止めるつもりがあるのかをさりげなく調べる

同性 片思い

彼女があなたを恋人として受け入れてくれるかどうかは、彼女の性的嗜好によって変わってきます。
ですのでまずは、片思いしている彼女の恋愛対象を確認することからはじめましょう。
とはいえいきなりカミングアウトしたり、「女の子って好き?」などとダイレクトに聞くことはリスクがあるので、会話の中で同性愛に対しての偏見があるのかどうかを探っていきましょう。

「知り合いにレズビアンの人がいて、今好きな女の子がいるんだって。そういう気持ちってわかる?」
など作り話でもいいので、相手の意見を聞き出してみましょう。

「そういうの気持ち悪くてムリ」
など否定的な答えであれば、現地点では残念ながら片思いは成就しないでしょう。

片思いしている人から同性愛に対して否定的な意見が返ってきた時は、あなたの好きという気持ちは心の中に留めておいたほうが賢明です。
その段階では片思いしている気持ちを思い切って伝えても、彼女は友達としても受け入れることができなくなり、あなたから離れていく可能性があります。

つまりこれは、男性への片思いと同じ“失恋”です。彼に他に好きな人がいた、ということと同じことです。

彼女があなたを受け入れてくれそうなら、関係を深めよう

同性 片思い

もし彼女が同性愛に偏見が無く、かつ自分自身でもそうなることを受け入れられそうな人なら、ゆっくりと距離を詰めながら親密になっていって大丈夫だと思います。

女性同士なら二人で出かけるのも自然にできますし、髪に触ったり腕を取ったりといったスキンシップもしやすいはずです。

二人で出かけることが多くなり、話すときの顔の距離も少しずつ近づいているなら、彼女もあなたに同じような感情を抱いている可能性は高いです。思い切って手を握ってみましょう。彼女がもし握り返して来たら、両思いの可能性はさらに高まります。
後はタイミングを見ながら、想いを口にするだけです。その感じは、男性に告白するのと変わりません。

彼女があなたを受け入れてくれなさそうな場合は。。。

同性 片思い

彼女の方に同性愛への偏見がある場合、その性的嗜好がこの先変わっていく可能性は低いと言えます。その部分は揺らがない価値観であることが多いためです。

自分は彼女ともっと親密になりたいのに、彼女の方はそれを受け止めてくれない様子。。。辛いかもしれませんが、その想いはぐっと押さえていくしかありません。

そのままずっと想い続けて、“いつか”のタイミングに期待をかけることもできますが、彼女があなたを恋人として好きになってくれる確率は、彼女がいる男性が振り向いてもらえる確率よりも低いです。

少し距離を取ったり、男性の方へ目が向くようにしてみたり、忘れるための行動を取っていくことをオススメします。

女性と付き合う上で、考えておくべきこと

同性 片思い

彼女と両思いになって、恋人としてつきあうようになった。すごく幸せな状態です。
ただし現実には女性同士だからこそぶつかる壁、というものがあります。

まずは世間の目。
LGBTという言葉が広がり理解が進んでいると言っても、多くの人は“自分事ではない”から関心が薄い状態です。ですが自分の友達や娘がその当事者だった場合、嫌悪感を抱き始めることは残念ながら多くあります。
周りからそういった扱いを受ける可能性があることを頭に置きながら、隠して交際を続けるのか、公にするのかなど慎重に話し合う必要があります。

もうひとつは、お互いの心変わり。
特に彼女がバイセクシャルだと言う場合、「子供が欲しいから」といった理由で男性を好きになることがありえます。つまり彼女はほかの女性にも男性にも心変わりする可能性があるということです。それは彼女だけでなく、あなたにも起こり得ることです。

こういった、男女の付き合いとは違う壁が存在するとういうことは事実なので、頭の片隅に置きながら、彼女との関係を温めていきましょう。

「片思いを叶える方法」をもっと見る

片思い.love トップ