女性の同性への片思いはなぜ辛い?

同性 片思い

誰かを一方的に好きになる片思いはどんな場合でも辛いものですが、中でも“同性への片思い”には特有の辛さがあります。
今回は、同性に片思いをするとなにが辛いのか、まとめてみたいと思います。

自分で自分の気持ちがわからないから

同性 片思い

はじめて女性に対して恋愛感情を持った女性の場合、突然生まれたその感情を自分自身で整理できないことが多くあります。

果たしてそれは恋愛感情なのか、それとも友情なのか。
自分自身は実は同性愛者だったのか、それとも一時的な感情なのか。

これらはなかなかハッキリしないものです。
また「恋愛感情かも」と思っても、「いやいやそんなはずない」と自分で否定しまうこともあります。
「自分は同性愛者なのかも」とは、なかなか認めにくいからです。

そんな思いとは裏腹に、彼女に対する気持ちはどんどん強くなっている。。。
自分の中に生まれたそのチグハグな感覚はつかみどころがなく、苦しくなってしまいます。

表向きに言い出しにくいから

同性 片思い

LGBTという言葉が広まって、その存在を理解する風潮は生まれています。
とはいえ自分の身の回りにその対象者がいるとなると話は別で、どうしても好機の目で見られたり、気持ち悪がられたりしてしまうことは、残念ながらまだまだあります。

それを恐れて誰にも相談できないことが、同性の片思いを辛くさせます。
それでなくても掴みどころがなくてどうしていけばいいのか悩むのに、それを誰にも話せない。。。これは男性に片思いした場合とは大きく違う部分で、同性への片思いを辛くさせる原因になります。

女性を好きになった女性のあなたに・・・
同性愛の悩み解決が得意な占い師に話を聞いてもらおう。
同性の恋愛占いに強い占い師ランキング

そもそも成就することが難しいから

同性 片思い

女性を好きな女性も一定数いますが、それをカミングアウトしている人はまだまだ少数派です。
好きになった女性が女性を受け入れてくれるのかどうかは、表からはなかなかわかりません。
また正面から聞くことも、なかなかできないと思います。
こういったことから、片思いを実らせるためのアクションが起こせないというケースはたくさんあります。
実らない片思いはどんな時も辛いものです。

片思いが成就したとしても、カミングアウトしにくいから

同性 片思い

好きになった彼女が自分のことを受け入れてくれて、恋人同士になれた。。。ですがその関係をカミングアウトできるカップルはまだまだ少数派。
周りの反応が怖くて、バレないようにコソコソとつきあうことを強いられることが想像できます。

男女間でも、職場恋愛や不倫などでバレてはいけない関係になることはありますが、女性同士が恋人としてつきあうことは、それらとはまた違った難しさがあります。

結婚できないから

同性 片思い

大恋愛の末に、その相手を一緒の伴侶と決めて結婚する。。。今の恋愛至上主義の世の中では、そんな形で結婚していく男女が多くを占めます。

ですが同性の場合、法律的な結婚はできません。
同性パートナーシップ条約といった制度を用意している市区町村もありますが、まだまだ限定的なので、必要があればそれがある場所へ引っ越さなければなりません。
また法律の面でも、男女の結婚と違って優遇されない部分が多々あります。
法律以外でも、例えば住む場所を借りようと思っても、同性カップルに部屋を貸したがらない大家さんがまだまだいるのが事実です。

たかが紙一枚とはいえ、婚姻届けによって社会的に夫婦として認められたカップルは、気持ちの結びつきも強くなるものです。
二人が愛し合っていたとしても、生活のいろいろな場面で不具合が生じてしまうというのが、今の同性カップルを待ち受ける現実です。

まずは、今の気持ちを大切に

同性への片思いが辛くなってしまう理由をご紹介しました。これを読んで、「彼女への片思いをあきらめよう」と決めるのも判断のひとつです。
ただし逆に「やっぱり彼女のことが好き」と思うのであれば、せっかく芽生えたその気持ちをまずは大切にしてあげてください。
いろいろなハンディはありますが、それがあるからこそお互いがかけがえのない存在となる、という可能性もあるのです。

「女性の同性への片思い」をもっと見る