女性の同性への片思いが実った先に待っていること

同性 片思い

好きな人と気持ちが通じ合い、信頼しあえる。一緒にいられる。これは相手が異性・同性に関わらずとても幸せな状態です。

ただし同性と付き合うことになると、異性とはまた違った困難が待っていることは事実です。
LGBTという言葉の広がりで同性愛に対する理解はある程度広がったとはいえ、個々の人間関係においては、まだまだ異質なものと見られてしまうのが根本的な原因です。

今回は、同性への片思いを実らせてつきあうことになった場合に待ち受ける困難と、それを乗り越える方法についてまとめてみたいと思います。

カミングアウトにいつも悩まされる

同性 片思い

日本において男女のカップルは普通の光景ですが、女性同士のカップルが外を歩いていればまだまだ好奇の目で見られてしまいます。
仲の良い女性同士とも思えますが、手をつないで歩いていれば「あれ?」という目で見られることは少なくないでしょう。

また自分たちの周りの人の反応が怖くて、つきあっていることをカミングアウトできず、コソコソと付き合わざるをえないカップルも多くいると思います。

デートは知り合いに会わないような場所を選んで行くことになったり、部屋でばかり過ごすようになったり。。。誰にも気兼ねなく一緒に過ごせないというのは息苦しいものです。

周りの理解が得られにくい

同性 片思い

女性同士のカップルの中には、親の理解が得られずに絶縁状態になってしまう人たちが存在するのも事実です。特に親世代は古くからの固定観念があるため、同性が恋人同士になるということを受け入れられないものです。

「親なんかどうでもいい。自分には彼女さえいればいい」と言い切ることもできますが、周りから歓迎されないままつきあうというのは窮屈さを感じるものです。

また女性の恋人がいると会社の人間に知られた場合、いろいろとやりにくくなってしまうこともあります。
特に明確な理由があるわけでもなく、異質な存在として扱われてしまい、肩身の狭い思いを強いられてしまうケースがあるのも確かです。
やはり好奇の目で見られることが多くなり、宴会の席などであからさまに、どんなつきあいをしているのか聞いてくる失礼な人もいるかもしれません。
そういったことが続けば会社にいること自体が苦痛になり、最悪の場合辞めざるを得なくなるかもしれません。

子供という問題

同性 片思い

女性同士のカップルはそのままでは子供を産めません。
子供を必要と感じない場合はいいのですが、どうしても子供が欲しい場合には、大変な労力が掛かります。法律的にグレーな手段を取ってしまうケースもあります。

また自分はそのままでよくても、パートナーの女性が急に子供が欲しくなり、男性とつきあうようになって別れたという話も珍しくありません。

恋愛対象が倍になるリスク

同性 片思い

お互いがバイセクシャルだという場合、単純に言って恋愛対象は男性・女性両方になります。
先にご紹介した子供が理由になる場合のほか、「好みの男性に言い寄られた」「かっこいい男性が気になり始めた」といったことがきっかけで男性への恋愛感情が目覚めてしまい、別れることになるというケースはあり得ます。
恋愛対象が2倍になるということは、浮気や心変わりの可能性も2倍になるということです。

束縛が強くなる可能性

同性 片思い

同性愛の場合、日本では結婚することができないため、逆にお互いの絆は異性間の絆よりも強くなる傾向にあります。

絆が強いことは一見すると良いことですが、時によっては嫉妬や極端な依存といった負の感情を引き起こすことにつながります。
その相手を失うことは、自分の存在意義さえ揺らぎかねないと思ってしまう人もいるでしょう。そういった感覚があるために、余計に嫉妬や依存が強くなってしまう可能性があるのです。

お互いが束縛を苦にしない場合はいいですが、あなただけがそういった思いを強めてしまうと相手は息苦しくなり、逃げ出してしまうこともあります。

同性と恋人として付き合う心得とは

同性 片思い

異性間よりも制約のある同性間の恋愛をするには、ある程度の覚悟が必要になります。その覚悟を持ってでも相手のことを大切に思えるかどうか、まずはこれに尽きます。

もし彼女のことを大切に思うのであれば、ぜひ相手を信用して全力で愛してあげてください。「ひょっとしたら男の方へ行ってしまうのでは」という心配がよぎるかもしれませんが、疑心暗鬼のままでは良好な付き合いは続けられません。

カミングアウトについては、そもそもするのかしないのか、するのであればどこまでの人にするのかについて、いろいろな可能性を含めて二人でよく相談をしましょう。
すべてをオープンにしてしまうのはい潔いですが、思わぬハレーションが起こる可能性もありますので慎重に判断すべきです。

また同性愛のコミュニティなどに参加して、アドバイスをもらったりするのもおススメです。同じような境遇で苦労をしている、または楽しく過ごしている人の事例は、特に参考になるはずです。

同性愛 占い

片思い.love トップ