既婚男性に片思いした時、考えられるふたつの選択肢とは?

既婚者 片思い

好きになった相手が既婚者。。。男性の既婚者って落ち着いているし、余裕もあって魅力的。いけないとは思いながらも好きになってしまったという女性、少なくないと思います。

既婚男性への片思いはかなり辛いわけですが、そうなった時にはどのように対処すべきでしょうか?考えられる選択肢はふたつあります。

選択肢1:きっぱりと諦める

既婚者 片思い

独身男性が相手であれば、どうにかして相手の男性を振り向かせるアプローチをしていけばいいわけですが、既婚者であればきっぱり諦めるという選択も必要になります。
むしろ、きっぱり諦めるのがなにより賢い選択と言えます。その理由はいくつかあります。

法的につながった妻がいる

既婚男性のことを堅苦しく言い換えれば、「法的に妻という存在を持っている男性」ということになります。
そういった立場の男性を自分になびかせれば、妻から慰謝料を請求される可能性があります。

この慰謝料、単に浮気をしただけなら(離婚も別居もせず、夫婦関係を継続する場合なら)50万~100万円、浮気が原因で別居に至った場合は100万~200万円、離婚に至った場合は200万~300万円というのが相場と言われます。決して安いとは言えない額です。

このような金銭的なリスクを天秤にかけて、「そうなってまで付き合いたい相手だろうか?」と考えてみてはいかがでしょうか?

結局は家に帰る夫が多数

男性はスキあらば、奥さん以外に外で女を作りたいと考えますが(または作りますが)、結局は元さやに戻るケースが大多数です。

日頃から奥さんの悪口を外で言っていたとしても、奥さんとは一緒の年月を歩んできたという歴史があります。また子供もいればさらに家庭を大切に考えますし、その結びつきは強力なものです。
想像すればわかりますが、いくら離婚が珍しくなくなったとはいえ、実際にするとなればかなりの金銭的・精神的負担が伴います。それを乗り越えてまで彼があなたと一緒になるという可能性は高くないのです。

一時の勢いでそういう関係になったとしても、「不倫」の域を出ないことが大半であると自分に言いきかせてみましょう。

遊びの域を出ない

経験豊富な男性であれば、女性を惑わすことには長けています。イケメンだけがそれができるというわけでもなく、ルックスは至って普通なのに、女性の気分を盛り上げることが上手な既婚男性というのは存在するものです。

そういう相手を好きになってしまっても、相手には本気で付き合う気持ちなどさらさななく、初めから「遊び」の領域だけで付き合っています。そんな男性に「いつ奥さんと別れてくれるの」と迫ったところで、のらりくらりとかわされるだけです。
そんな相手との関係をズルズルと続けるうちに歳を取ってしまうなんて、実にもったいないことです。

相手の家庭を壊すことになる

友達の彼を好きになってしまったのとは違い、相手には法的に結びついた妻と、その間に生まれた子供がいます。あなたが自分の気持ちに従って既婚男性を奪い取ってしまえば、その夫婦が築き上げてきた家庭を確実に壊すことになります。
場合によっては残された妻と子供に金銭的な負担が行く事もありますし、生涯恨まれることにもなるでしょう。
それを受け止める覚悟が自分にあるのかどうかは、考えてみるべきです。

選択肢2:自分の気持ちに正直になって彼とつきあう

既婚者 片思い

「いろいろ思うことはあるけど、やっぱり彼とつきあいたい」「理屈ではなく、感情が止まらない」そう思ってしまうのなら、彼の気を惹くためのアプローチをしていくことになります。

一般的に男性は新しいもの好き(?)なので、あなたが自分に気があるとわかれば悪い気はしないでしょうし、誘ってくる可能性は高いです。
ただしその時点では、あくまで遊びの感覚。
あなたも彼と本当に結ばれることを望むのなら、勢い任せに身体の関係を持つことは避けた方が賢明です。
遊びの男性にとってそれは最終目的なので、あっけなくそういうことになれば後は都合のいい女扱いです。

相手に好意を伝えるのとあわせてあくまで本気であることを伝え、彼にその気持ちを受け止める覚悟が本当にあるのかどうかを確かめてみてください。
そこで彼が降りるようなら、あなたにとっても引き際です。

彼の方も本気という事であれば仲を深めていけますが、ご紹介したようなリスク、未来が待っている可能性があることはお互いに自覚しなければなりません。

「辛い片思いと付き合う方法」をもっと見る

片思い.love トップ