ネットで知り合った彼に片思い。安全に仲良くなる5つのポイントとは?

SNS 片思い

SNSが普及して、ネットで恋人と出会うことも増えてきました。とある調査によると、いまや男性の10人に1人はネットから出会いを見つけているのだとか。またネットで知り合って結婚したというカップルも、珍しくなくなっています。

マッチングアプリやSNSなど、いまやネットも立派な出会いの場のひとつ。忙しい人や出会いのチャンスの無い人にとっては、ハズせない手段になりつつあります。

一般的になってきたネットでの出会いですが、とはいえネットから始まる出会いにはリスクもたくさんあります

そこで今回は、女性がネットで知り合った男性に片思いした場合に、実際に会うまでに気をつけておきたいことや、仲良くなるポイントについてご紹介したいと思います

ネットで知り合った男性に片思い。安全に仲良くなるポイントとは?

SNS 片思い

ツイッターやインスタグラムをフォローする、マッチングアプリで知り合うなど、一言でネットで知り合うと言ってもパターンはいろいろあります。今回はそのどれもに共通して気を付けるポイントをまとめます。

①気持ちが高ぶっても、情報開示は少しずつ

ネットで出会う場合、最初はハンドルネームでのやりとりになると思いますが、しばらくの間はそのままでいることが安全です。数回のやり取りで「この人すごく感じがいい!」と思っても、いったんその気持ちを抑えて、自分の情報は相手と交換するような感じで少しずつ教えるようにしましょう。(ネットで相手をだます人ほど、最初の印象は良かったりするので)

本名のほかにも、自分の住んでいる場所、勤めている会社、出身学校など、個人の特定につながる情報は極力出さないようにしましょう

また、「モデルの〇〇に似ている」などと盛りすぎないのが賢明です。(本当に似ているなら別です!)実際に会った時、彼にガッカリされないようにハードルは下げておきましょう。

②悩み事を打ち明けるのはやめよう

数回のやり取りで印象がいいからと言って、抱えている悩みを打ち明けることはやめましょう。そこにつけ込まれてしまう可能性もあるからです。

逆にそういった場合でなくても、まだ会ってもいない相手から悩みを打ち明けられたらどうでしょうか?あまり気分のいいものではないですし、「依存癖のある重たい女なのでは?」と感じさせてしまいます。

ネットだけの関係の間は、楽しい話で盛り上がっていきましょう。

③会うまでは少し時間をかけよう

どんなに優しい印象の相手でも、すぐに会いたがる男性は警戒しましょう。そういう男性は基本相手は誰でもいいわけで、あなたとの関係を育んでいこうという気持ちはありません。そういった相手と末永く幸せになることはできません。

ネットでのやり取りを続けてお互いのことが良くわかり、ある程度の安心感を持てたときが、会っても良いタイミングです。

④最初に会うのはできれば昼間に

いよいよ実際に彼に会う。。。楽しみと緊張でドキドキしますね。

ネットで盛り上がった相手とは充分打ち解けていると思いますが、一応は人目のある所で昼間に会うのが賢明です
しっとりした場所で会うのは、もっと関係が進んだ後でも遅くはありません。

⑤相手に彼女や奥さんがいないか確認しよう

あなたがどんどん好きになったにも関わらず、相手に彼女や奥さんがいたらシャレになりません。できれば最初の段階で、彼女や奥さんがいないかどうか直接的に聞いてしまいましょう。この質問は、できれば実際に会った時の方がいいです。それは相手の反応がよくわかるからです。

ネットの片思いはゆっくり成就させていこう

SNS 片思い

職場や部活といった、ある程度バックグランドがわかった相手と恋愛するのとは違い、どんな相手なのかもまるでわからない状態から始まるのが、ネット恋愛です。

ネットでのやり取りや顔写真を見て、一気に好きになってしまうこともありえるでしょう。ですが少し冷静になって、ゆっくりと関係を深めていくことが大切です。

そのためまずは相手のことをゆっくりと知り、お互いの理解を深めていくスタンスを持つことが大切。早い段階でいくら親密な関係を迫られても、あなた自身が納得できていないのなら拒むべきです。

まとめ

出会いの可能性を広げるという意味で、ネットは使える手段です。またそこにいる男性も悪い人ばかりということもありません。
自分自身の安全を確保しながら、「この人!」と思った相手とは楽しく恋愛していきましょう。

「片思いを叶える方法」をもっと見る

片思い.love トップ