つい湧き上がってしまう!片思い中の嫉妬を収める4つの方法

片思い 嫉妬

片思い中の彼が他の女性と仲良くしているのを見て、胸がモヤモヤして嫉妬してしまうこと、ありますよね?
付き合っているわけでもないのに「彼を取られたくない!」という気持ちがつい湧いてしまうという女性は少なくないはず。。。

今回はそんな、片思い中の嫉妬の対処法をご紹介します
片思いの彼への思いが高まりすぎて、嫉妬の炎が湧き上がってきてしまったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

自分と誰かを比べない

片思い 嫉妬

片思い中の彼が他の女性といるのを見て嫉妬するのは「私よりあの人の方が可愛い」「あの人の方が彼から好かれている」などと、自分と誰かを比べて不安になることが原因です。

片思いは、恋人同士のように明確な関係でもないし、お互いを想う確かな絆があるわけではありません。
そのため、余計に「他の女性」と自分を比べて暗い気持ちになってしまうのです。

自分と誰かと比べて嫉妬してしまっても、彼との関係に進歩はありませんし、自分も成長できるわけでもありません。
比べてどうにもならないことを悩むよりも「人は人!」「自分は自分にしかなれない」と考えられるようなると、気持ちがかなり楽になりますよ。

その上で、他の誰よりも魅力的になれるように外見・内面の自分磨きをしていきましょう!自分だけの魅力を高めて自信を強くするのです!

友達に話を聞いてもらう

片思い 嫉妬

片思い中の嫉妬心は付き合っているわけでもない彼にぶつけるわけにもいきませんし、行き場がなくてモヤモヤするものです。
自分の中に秘めておこうにも、ずっと我慢するのは体にも心にもあまり良くありません。
あまりモヤモヤを自分の中に溜め込んでしまうと、無茶な行動を取ってせっかくの片思いが台無しになってしまうこともあります。
嫉妬心が暴走して恋を失わないためにも、早めにこの嫉妬からくるモヤモヤは何とかしておきたいもの。

そんなモヤモヤした嫉妬心は、気心の知れた友達に聞いてもらってスッキリするのがおすすめです
「彼がほかの女の子を親しげにしてて、暗い気持ちになった」「嫉妬している自分がツラい」など、片思い中の彼にぶつけることができない気持ちを友達に話してみましょう。
自分の気持ちを人に聞いてもらうだけで意外とスッキリしますよ。
もしかしたら、話を聞いてもらった友達からのアドバイスなどがもらえるかもしれません。
たくさん喋って、美味しいものを食べると自然と嫉妬心が和らいでいきますよ。

別のことをして嫉妬心を抑える

片思い 嫉妬

嫉妬する気持ちが芽生えると「どうしてあの子といたの?」「私じゃダメなの?」とどんどん嫌な気持ちが膨らんていってしまうものです。
そのことばかり考えていると暗い気持ちになってしまいますし、片思いの彼に笑顔で接することも出来なくなってしまいますよね。

そんなことにならないためにも、趣味などに打ち込んで一度気持ちを切り替えてみましょう
片思い中の彼のことを考える以外の別のことに集中して、嫉妬心を忘れてみるのです。
読書に集中するのもいいですし、スポーツで汗をかいてスッキリするのもオススメですよ。

気持ちをリセットしたあとにまた彼のことを考えてみると、頭も気持ちもクリアになっているので、上手く嫉妬心をコントロールできることでしょう。

片思い中の彼と積極的に関わってみる

片思い 嫉妬

好きな人を目の前にすると上手く話せないという人も多いと思いますが、嫉妬心を軽くすためには、あえて積極的に片思いの彼と関わってみるようにしましょう
そうすることで「彼の性格的に、女性には優しくしてしまうんだろうな」「誰とでもフレンドリーに話せるんだな」などと彼のことが分かったりして、嫉妬心を和らげることもあります。

また、積極的に彼に関わることで、自分の事も彼に良く知ってもらうことができます。
あたなが「この恋を実らせたい」と思っているのであれば、ひっそりと彼を見て嫉妬するよりもアピールすることのほうが大事なので、どんどん彼と関わる機会を作っていきましょう。

嫉妬心は「他の女性に彼が取られたらイヤだな」「その子よりも自分のことを見てほしい」という思いから来ることが多いので、アピールして彼に自分の存在を印象付けると同時に、少しでも彼の目を自分に向けさせることができたら、モヤモヤする気持ちも和らぎますよ。

まとめ

嫉妬という感情は、自分の中で勝手に湧き起こるものです。彼に責任はありませんし、片思い中であれば彼の行動を制限することもできません。
これは逆に、嫉妬心は自分でコントロールできることだということです。
必要以上の嫉妬は自分を疲れさせますので、その炎を吐き出したり別のことに転換したりして、片思いを楽しめる方向へと持って行くようにしましょう。

「辛い片思いと付き合う方法」をもっと見る

片思い.love トップ