片思いの彼に告白してほしい!彼を告白へと導く3つのアプローチ

片思い 告白

できれば彼の方から「好き」と告白して欲しい。。。そういう気持ちはわかりますが、何もせずに彼からの告白を待つだけでは、ゴールが見えないまま時間だけが過ぎて行ってしまいます。
今回は、片思いの彼の意識にあなたを気になる存在として植え付け、告白への確率を高めるテクニックをご紹介します。

彼に告白させるアプローチ① さりげなく気持ちを伝える

片思い 告白

男性は臆病でプライドが高い人が多く、好きな相手がいても勝算があると確信が持てるまで動かない傾向があります。この傾向を理解して「あなたの告白待ってるんだよ」とアピールしてあげることが大切です。

そのためのテクニックのひとつが、さりげなく気持ちを伝えること。

「○○君って、良いよね。モテるでしょ?」「○○君みたいな彼氏だったら楽しいだろうな」「○○君って好きな人いるの?」

そんな一言をもらった彼は、“自分に気があるのかな?”と感じ、あなたを意識し始めます。何かと話しかけられるようになったり、目がよく合うようになったりなど、これまでと違った態度や言動が見られるようになったら、告白の告白は近いかも。

彼に告白させるアプローチ② 不安や焦りや興奮を与える

片思い 告白

不安と安心の繰り返しは、相手を依存させるためのテクニックです。

「あれ?何だかいつもと様子が違う。何故??」と、不安にさせて、しばらくしたら普段通りに戻って安心させる。それを、2回程度繰り返してみてください。やりすぎると不信感を与えてしまいかねませんので、数回に留めて様子を見ましょう。

例えば、普段からLINEで話している場合は、少し連絡を控えてみます。「何かあった?」と聞かれても、「ううん、何もないよ?」と何事もなかったように振舞ってみてください。

あまり接する機会がない場合は、目を合わせる時間を長くしたり全く合わせなかったりして、彼の深層心理に「?」を起こさせましょう。

彼の方から頻繁に目を合わせてきたり、声をかけたりし始めたら成功。あなたに対する意識は高まってきているはずです。

彼に告白させるアプローチ③ 彼氏がいないことを伝える

片思い 告白

彼氏はいないアピールも効果があります。

気になってはいるけど、たぶん彼氏がいるだろうから…。そんな考えが彼にあれば、いつまでたっても告白にたどり着けません。

既に身近な関係なら良いのですが、ある程度の距離がある場合は、彼氏がいないことをしっかり伝えておきましょう。

会話の中で、「もうどれくらい彼氏いないかなぁ…」と、さりげなくつぶやくのも良いですし、共通の友人に「彼氏いないんだって。○○君もフリーじゃなかった?」なんて言ってもらうのも良いでしょう。

彼が告白しやすいムードを作ってあげる

片思い 告白

上記でご紹介したテクニックで、彼が意識し始めているのがわかったら、次は彼が告白しやすいシチュエーションやムードを作ってあげましょう。“落ち着いた静かな空間に二人きり”というのが告白にベストなムード。

飲みに行く機会があれば、帰り道は二人きりになれるように動いてみてください。同じ会社なら、彼の残業に合わせて会社に残るのも良いですね。

彼の前ではスマートな態度で。彼に見えないところではアクティブに動いてみましょう!

「片思いを叶える方法」をもっと見る

片思い.love トップ