【クリスマスに告白しよう】クリスマスの告白を成功させる、最高のタイミング&告白の言葉とは?

クリスマス 告白

クリスマスに会うことが決まり、プレゼントも用意して、いざ当日。。。さて肝心な、告白のタイミングとその言葉です。
告白はいつも緊張するものですが、クリスマスムードを味方につけて、思い切って想いを伝えましょう。
今回は、クリスマスの告白を女性からする時に最高の場所やタイミング、セリフをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

クリスマスの告白おススメのタイミング

クリスマス 告白

クリスマスの告白を成功させるには、まずはタイミングが重要です。

帰り道・別れ際

1日一緒に過ごした場合でも食事だけでも、クリスマスに二人で会うというのは特別な体験です。
楽しかった時間の帰り道、その感覚が冷めないうちに告白するのはおススメのタイミングです。

別れ際に「ちょっと話したいことがあるんだけど、もう少しいいかな?」と、2人きりになれる場所に誘って、彼に想いを伝えましょう。

プレゼントを渡すとき・もらったとき

プレゼントの受け渡しは、クリスマスデートの中でも気分が上がる瞬間です。
そのタイミングで「ありがとう」という言葉の流れで告白するのはアリです。

また言葉でいうのがどうしても無理という場合は、プレゼントに想いをつづった手紙を添えるのも良い方法です。
LINEなどでのやりとりが普通となった今、手紙と言うのは逆に彼の気持ちに染み込むものです。

ディナーが終わったタイミング

メインが終わり、デザートを食べていたりドリンクを飲んでいるタイミングは、2人でゆっくりと話ができます。

そのため、今日1日クリスマスデートに付き合ってくれた(またはディナーを一緒に楽しんでくれた)ことに対するお礼や、嬉しかったという気持ちを伝えつつ、自然な流れで告白をすることができます。

別れた後

どうしても告白のタイミングがつかめなかったという時は、別れて家に帰った後、LINEなどで今日のお礼と合わせて想いを伝えましょう。

セリフなどを落ち着いて、ゆっくり考えてから伝えられる分、もしかすると直接告白するよりも、言いたいことがきちんと伝わるかもしれません。

クリスマスの告白におススメのセリフは?

クリスマス 告白

告白の言葉はいつであってもそれほどバリエーションがあるわけでもないですが、せっかくムードのあるクリスマスなので、その雰囲気に合わせた告白がおススメです。

「クリスマス一緒に過ごすと、つきあってるみたいだね」

茶目っ気を交えて、彼の方から告白の言葉を引き出すセリフです。
もしクリスマスデートを彼の方から誘ってきているのなら
「クリスマス一緒ってことは、期待していいの?」
「私のこと、彼女にしてくれる?」
といった聞き方もアリ。

「来年も一緒にクリスマス過ごしたいな」

彼からの告白を引き出すセリフを言えそうにもない場合は、「自分の願い」としてこのように伝えてみましょう。
あくまで「一緒に」「ふたりで」過ごしたいということをアピールすることが大切です。決定打には欠ける言葉ですが、好意を抱いているという気持ちは確実に伝わります。
「来年はもっといろんなところに一緒に行けたらしいな」
なんていうのもいいですね。

「好きです。つきあってください」

長い間片思いをしていて今日こそは決めたい!ハッキリさせたい!という時にはもう、ストレートにこの言葉です。

クロスマスという、一年で一番ムードが高まるイベントで、ぜひ想いをつたえてくださいね!

「片思いを叶える方法」をもっと見る

片思い.love トップ