【クリスマスに告白しよう】クリスマスに彼との約束を取り付けるポイント

クリスマス 告白

クリスマスまで1か月を切ったこのタイミング。忘年会なども続々入るようになり、とかく慌ただしい雰囲気になってきます。
そんな中で彼と会う約束を取り付けるには、早く動くに越したことはありません。
今回は、クリスマスに彼との約束を取り付けるポイントについてお話しします。

クリスマスの予定確認から会う約束までは一気に詰める

クリスマス 告白

片思いの彼と気軽に話せるような関係になっておくのが前提となりますが、ここは回りくどいことはせずに、クリスマスに予定があるのかどうかをストレートに聞いてしまいましょう。実際男性は、まわりくどく聞いてしまうと真意が伝わらないことが多いです。

「クリスマスって、彼女とデートとかするの?」

この聞き方、クリスマスの予定と合わせて彼女の有無まで確認できる便利な質問です。
ここで、

「別に予定なんてないよ」

と言われたらチャンス!変に保留にしたりせずに

「じゃあ、一緒に出掛ける?」

と畳み込んでしまいましょう。
クリスマスに女性と二人で会うという意味に気づかない男性は少ないです。
つまりそのように投げかけて「OK」をもらえたら、その後の告白までスムーズに運んでいけます。

クリスマスの予定を共有するという関係値になると、どこで何時に待ち合わせてどこに行くか等、相談しつつ会話ができるきっかけが生まれます。
そんなやりとりの中で、「意外とグイグイ決めるタイプなんだ」「私の意見を尊重してくれるんだ」「そんな場所知ってるんだ」など、彼の意外な一面を知ることもでき、クリスマスまでの期間が夢のように過ごせます。

クリスマスの話題を茶化されてしまったら

クリスマス 告白

一番面倒なのは、クリスマスの予定を聞いたときにお茶らけて返された時。

「なにそんなこと聞くの?俺とデートしたいの?」

彼のことが好きでも、「チッ」と舌打ちしたくなってしまいますよね。

ですが彼は照れ隠しではぐらかしているという可能性もあります。
お茶らけて返してきたなら、お茶らけてレスしてあげましょう。

「デートの相手が居なくて寂しいかなーと思って。よかったらデートしてあげよっか?」
「そうです。デートしたいです。お願いします」(と、真顔で言ってみる。たぶん彼は動揺)

やりとりがふざけてても、約束さえ取り付ければ勝ちです。
少々面倒でも、「OK」を引き出しましょう。

また、

「彼女と食事行くよ」

などと言われたら、悲しいですが一旦あきらめましょう。新しい年に向けて気持ちを切り替えて。。。

理想は彼から誘われることですが。。。

クリスマス 告白

恐らく多くの女性は、

「とても自分からは言えないから彼から言って欲しい」

と思っていると思います。

ですがそれが叶うのは、二人の関係がかなりあったまっていて、告白寸前まで高まってきている時に限ります。
そういう相手にだったら

「クリスマス、一人なんだ。。。」

とつぶやくだけで、彼のスイッチもオンになるでしょう。
理想を言えば11月までにその段階まで詰めておきたいところです。

「いろいろがんばったけれど、まだそこまで行っていない」

という場合には、クリスマスデートというショートカット作戦で関係を一気に近づけるしかありません。
恋人たちのイベント=クリスマスというイメージがある今の時期だからこそ、このショートカット作戦は有効です。

「片思いを叶える方法」をもっと見る

片思い.love トップ