【クリスマスに告白しよう】「クリスマスに何かあるのかも」という期待感を持たせよう

クリスマス 告白

クリスマスまで1か月を切りました。
このタイミングまで片思いを引きずってしまった女性の中には、「今年中に決着をつけないと年は越せない」と焦っている人もいるでしょう。

そう。これからますます街はクリスマスムードが高まり、みんなの心の中にもジングルベルが響き始める時期です。
クリスマスと言う節目に告白をしたい(されたい)と思うのも無理はありません。

クリスマスまで約1か月というこのタイミングに、片思い中の女性はどう動くべきか。
どうやったらクリスマスに恋を成就させられるのか。
これから数回に渡り、お伝えしていこうと思います。

そもそもクリスマスに告白はアリなのか?

クリスマス 告白

もちろん、「アリ」です。
以前よりは薄れたとはいえ、まだまだ日本においてクリスマスは、「恋人たちのイベント」という捉える風潮は強く、気持ち的にもロマンチックに煽られます。
そのムードに乗ってクリスマスに想いを伝えるというのは、平常時よりもスムーズにいきやすいと言えます。世の中全体が応援してくれる感じですので。

一年の節目的にも、クリスマスに告白をしてから新しい年を迎えるというのは、ワクワク感が高まるものです。

まずは距離を詰めるところから

クリスマス 告白

とはいえクリスマスに告白をするという段階に持っていくには、彼に告白しても良いような距離感が無いといけません。
滅多に会えないような状態のままいきなり告白をしても、玉砕してしまう可能性が高くなります。

ということでまず最初に取り組むべきなのは、「彼との距離を詰めること」です。

電車や会社の中でその存在を目にするような距離感なら、彼にあなたの存在を意識させることが必要です。
それには、彼の視野にいつも入るように近くの場所に立ったり、目を合わせてにっこりと笑うぐらいにはなっておきたいところです。

もし彼と頻繁に話せるような関係なら、「クリスマスとかどうするの?」ぐらいのジャブは打っておきたいところ。
異性間で「クリスマス」というキーワードが出れば、自然と気持ちの中に恋人関係を意識するようなスイッチが入るものです。
「特に何も。そっちはどうなの?」とでも返されたら、「まだわかんないけど、空いてたら飲む?」ぐらいの返しはしておきましょう。
そうすることで彼の中に、「クリスマス=あなた」という公式の種が生まれます。

「クリスマスに何かあるかも」と感じさせるのがポイント

クリスマス 告白

クリスマスが近いタイミングであなたが近づいてきている、「クリスマス」というキーワードを投げてよこしてくる。。。そういったことをしておくと彼の中には「クリスマスに何かあるのかも」という期待感が芽生え始めます。これも、「クリスマスは特別な関係の人と過ごす神聖な日」というムードが後押ししてくれるお陰です。

そういった期待感を彼の中に生み出せれば、まずは成功。
彼の中では自然とあなたという存在が意識されるようになり、勝手に(?)ワクワクドキドキ感を高めていってくれます。

「片思いを叶える方法」をもっと見る

片思い.love トップ